神奈川県|横浜のインプラントの構造について

【無料の企業PR広告】
■該当件数14件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 内藤歯科

横浜のインプラントの構造について


横浜のインプラント治療に使用する人工歯は強力な4層構造で作られています。
また噛んだ時に天然の歯との違和感が出ないような工夫もされているため、手術をした当日に食事をする事も出来ます。

土台となる素材には最も骨にくっつきやすい物を使用しており、10年保存率は95パーセントという高い数値になっています。
長年使っても劣化や強度の低下がない素材を使っており、人工歯も綺麗な色をしていて、舌で触った感じも天然歯とそれほど変わらないのが特徴です。