法律・士業|新築登記を戸塚で行う前に考えておかなくてはいけない事

【無料の企業PR広告】
■該当件数4件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 |
TOP > 法律・士業 > 司法書士安西総合事務所

新築登記を戸塚で行う前に考えておかなくてはいけない事


戸塚に新しく家を建てた時や、自社ビルを建築したという場合、そして戸塚で登記されていない建物を購入した時に必ずしなくてはいけないのが新築登記です。これは建物を新築した場合や購入した時から1ヵ月以内に登記を済ませなくてはならず、もしこの期間を過ぎてしまうと10万円以下の過料を支払わなくはいけません。しかしこういった新築登記を初めて行うという場合、どのような手順で行うのかがわからずスムーズに手続きをする事ができないまま、期間が過ぎてしまうという危険もあります。そうならないためにも、きちんと手順などを調べておいて、自分でできるようにしておくか、土地家屋調査士に依頼して登記のサポートをして貰えるように準備しておかなくてはいけません。戸塚などに新築した場合、新築登記を行う前に自分で登記を行うか、土地家屋調査士に依頼するかを考える必要があります。土地家屋調査士に依頼した場合は当然費用がかかりますが、失敗などの心配もなくスムーズな登記が可能となるでしょう。逆に自分で行う場合は費用がかかる事はありませんが、書類の準備に手間取ったり手続きそのものを失敗してしまい、1ヵ月という期間内に終わらない危険があるため、どちらの方法で登記を行うのかをきちんと考えるようにしましょう。